カードローンの返済に遅れそう。このままにするか?どうすれば?

カードローンを利用して返済している最中です。数ヶ月は何事もなく返済し続けてきました。でも、急な出費があったため今月は厳しそうです。給料日まで数日の事ですが、数日の事だから大丈夫かなとも思うのですが、どうすれば良いのでしょうか。

返済日前にカスタマーセンターに連絡して相談しましょう

返済が遅れるとは、未払い、滞納、延滞、不払い、支払い遅延などといろいろな呼び方がありますが、返済の日に引き落としができない、あるいは入金が間に合わないといったことすべてを含んだケースです。返済が遅れると消費者金融会社や保証会社から、支払いが確認できなかったこと、入金のお願い等を記載した連絡はがきが届くはずです。

知っていて欲しいことは、返済の遅れは個人信用情報に記録されるということです。いわゆる「ブラックリスト」に記載されるという意味ではありません。しかし1度でも返済遅れが記録されれば、信用情報が照会された時にオペレーターによってはブラックとして扱う可能性があるということ。つまりブラックリストに入ったかどうかは返済の遅れがどの程度発生したかという程度の問題なのです。

返済が遅れた場合、遅延損害金が日数分加算されます。これは通常の利息分とは別に計算されて加算されることになっていますので、その分返済金額がふくれてしまうことになります。そのため更に生活が苦しくなってしまうことになります。

一度の返済遅れで社会的信用が地に落ちてしまい、その後の人生を棒に振るといったことはありませんが、返済が遅れることにどんな良い事もありません。督促状に督促手数料、遅延損害金に個人信用情報への記録。これだけで十分うっとおしいことだと思います。つまり遅延が発生しそうだということを放置していたら、デメリットばかりになってしまうことになるのです。

でも、人生とは思い通りに事が運ぶことが少ないもの。思い通りに行かない時にダメージを最少限にすること、リスクを最小にすることを考えなくてはならないということではないでしょうか。月々の返済が完済するまで、無事に日々を送れるものだと考えることは楽天主義に過ぎません。予測不可能な出来事に出会うものなのです。

ですから、カードローンを利用する際には是非、返済が遅れそうな時の対処法程度は正しく知っておきたいものですよね。実は対処法としては大して難しいものではありません。返済日が来る前にカスタマーセンターに電話一本。これで事は済んでしまうのです。そして返済が遅れるということをしっかりと伝えるということ、新たな返済日の約束をすることができるはずです。

自分で悩んで間違った対処をしないように気を付けましょう。別だてのキャッシングをして返済に充てるという方法もありそうですが、少し考えればわかることでしょう。この方法では解決になりません。別だてに返済に充てるキャッシングをすると、この借入には支払いに含まれている利息分が取り込まれてしまいます。

そしてそのキャッシングに含まれた利息が今度は元本として利息を生み出します。つまり複利になってしまうのです。それでも別だてのキャッシングしか方法がないようであれば、返済金額の全額をキャッシングするのではなく、金融会社に元本分と利息分のそれぞれの金額を問い合わせた上で、元本分のみのキャッシングにするなどの工夫が必要だということになります。

カードローンの返済が遅れそうだという時には、以上のように事態を野放しにしていても何も良い事はありません。幾つかの賢明な対処法があるのです。いずれにしても事前に金融会社に連絡して相談することが何よりも大切なステップだということを確認して頂きたいものです。

カードローン利用時の返済遅れを避けたい理由とは

カードローンを利用してキャッシングやローンを使うと言う事は借金を行うという事にかわりありません。

業者が設定する金利に基づいて利息負担をしながら返済する必要がありますが、この時にお金を返すのを忘れて遅れてしまうというは避けたい所です。

まず単純にお金を借りて返すというルールがあるのでルールを破った時にはペナルティーがあります。延滞金を余分に取られるのでお金を返す事を忘れては損をしてしまいますし、他にも信用情報に傷がついてしまうという事も起こりますから、キッチリとルール通りの返済を行う事が望ましいです。

延滞金は少し多めに利息を取られる事になりますから金銭的損失だけの問題になりますが、信用情報に傷がつくというのは後々困った事になる場合もあります、例えば返済履歴が悪いと記録が残り、金融業者はいつでも調べる事が出来るので、新しくカードローン審査に挑む時に審査が不利になる事もありますし、将来的に条件が良い大きめのローンを組む事が出来ない事も起こりえます。

些細なお金の返し忘れや延滞が、将来的な部分で響く事もあるので、やはり借りた以上はルールにもとづいて、確実に返すのが安全です。

借金を返すのを忘れたり、遅延を避ける為にはシュミレーションを行ってからカードローン利用すると良いと言われます。お金を返しきるまでにかかる日数や、その時に発生する利息負担額を明確にして、その上で利用すれば、無理な借入を防ぐ事が出来ますし、借金をして返す事に苦しむ事を事前に避ける事が出来ます。

お金を返す時のシュミレーションは金融業者のサイト等でも利用出来たり、検索をかければ自動計算出来るツールがありますから、そういったものを活用してカードローン利用する前に返す計画を立ておきましょう。

昔は高利貸しと言われ、利息負担が大きかった消費者金融も、今は利息制限や総量規制によって借金で苦しむ人の発生を避けるようにしていますが、それでも無計画な利用をするとリスクが大きいですから、計画的に安全に利用しましょう。