仮審査を通ったカードローン申込が何故本審査で落ちるか知りたい

先日カードローンを申し込んでみたのです。審査を通ったと思って安心していました。ところがいろいろ思っていたのと様子が違っており、あれこれとやり取りの末、審査に落ちてしまったようです。審査に通ったという話が何故、結果的に審査に落ちてしまったといわれるのかが納得できません。カードローンの審査とは一体どうなっているのでしょうか。

仮審査と本審査とは別物。審査の必要書類等を慎重に用意しよう

カードローン申し込みの審査は2段階に分かれています。カードローンを申し込んでから契約成立、融資の実行に至るまでにおこなわれる審査は2段階に分けられており、申し込み時におこなわれる審査を仮審査と呼び、金融業者側が契約できるかどうかを評価する審査を本審査と呼ぶ習慣になっています。

カードローンの仮審査と本審査とでは、目的も違いますし、やり方も異なります。仮審査の目的は主に申し込み資格を問うものになっています。例えば年齢制限、あるいは必要書類が提出可能かなどいうことを審査するものであって、本審査を受けることができるかどうかを判断することを目的としています。これはそもそもカードローンの申込みの資格のない場合の申込者の手間を省くことを目的としているのです。

そして本審査は、金融業者自身による審査をすることになるのです。申込者のクレジットの使用暦、ローンの状況などを調べながら申し込みの妥当性等を判断することをその内容としています。ですから、この本審査で少しでも属性が不安であれば、大きなリスクを避けるためほぼ審査を通さないということになるわけです。

本審査はコンピュータ等で完全に自動化されているのではありません。オペレーターがコンピュータに表示される様々な情報を基に申込者の状況を検討してカードローン申し込みに対して妥当性を判断することになります。

ですから、仮審査に通ったことで、本審査に通るとは限りません。そして本審査に落ちたとしてもそれは単純な結論であって、その結論に至った理由は教えてくれないでしょう。だからといって、申込者の人格を否定しているわけでもありません。これはオペレーターのその場での判断に過ぎないのです。

申込者の属性を判断するシステムの属性上、全く内容が異なるかもしれない情報が同じ表示方法になっていることもあり、オペレーターのシステムへの習熟度、オペレーターの性向等によって同じ情報から導かれる結論は完全に異なってきたりするのです。ですので、カードローンの申込み審査の結果次第で落ち込んだりすることには意味がありません。

カードローンの審査は金融業者によって結果が異なります。カードローンを提供している業者によっても結論が違ってくるのは、まさしく使用しているシステムの違いによります。使用する個人信用情報を参照するシステムはある程度共通していますが、金融業者はそれぞれに独自に審査基準をもっており、画一的に審査の難易度を語ることはナンセンスなのです。

少なくとも、真性な申し込みをして、審査が順調におこなわれれば、オペレーターの負担は軽減できるわけで、それによって適正な本審査が期待できるのです。対称的に、記入・記載事項に誤りがあったり、提出書類に何らかの問題があった場合、オペレーターには余分な負荷が掛ってくることになります。

審査オペレーターにかかる負荷は、そのままオペレーターの技量・習熟度を問うことになります。この場合オペレーターの性向すら結論に影響したりしかねません。このことはできれば避けて頂くような申し込みを心がけられることがカードローンの申し込みにすんなり審査通過できる意外なコツになっているようです。

カードローンの契約においては仮審査と本審査がある

毎日の暮らしの中では急にまとまった額のお金が必要になったり、出費が立て続きお金が不足しがちになることがよくあります。そんな時に銀行や消費者金融が提供してくれる借り入れサービスは効率良く不足金を埋め合わせる手段と言えるでしょう。

特にカードローンは手軽さと迅速性の上で使い勝手のよい借り入れ方法です。この金融サービスを用いると一枚の個人専用カードを発行し、それを近場のATMに持参して用いることで、簡単に融資金を手にすることが可能となります。

ただし、カードローンの利用にあたっては利用者はまず、店舗窓口やインターネット、電話や郵送などの手段をつかって申し込みを行い、審査を受けることが求められます。

ただし、その前段階として、利用者はパソコンやスマートホンを使ってインターネット上で簡易的に行う仮審査を受けることが可能です。この時には、氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載して申請ボタンをスイッチ。これらの条件を受けてシステムが自動的に申請者の返済能力を算出し、それが金融会社が定めた借り入れ条件に適合するか否かを瞬時に判定します。画面上にはその判定結果が表示され、これを通過すると本審査へと進むことができるのです。

この段階になると、今度は機械による自動的な判定ではなく、金融会社の審査担当者による入念な精査が行われることとなります。先に提出された氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの情報を鑑み、本当にその勤務先に所属しているか否かを確かめるために電話で在籍確認を行います。そして、必要に応じて身分証明書や収入証明書の写しとしてコピーやスキャン、あるいはスマホやパソコンのカメラ機能で撮影しその画像データの提出を求め、本人確認や収入確認を行います。さらに、信用機関に問い合わせて、その利用者が過去に返済事故を起こしたり、あるいは申し込みブラックに入っていないかを確認し、信用に足る利用者であることを確かめます。

こうした審査を40分から60分ほどで行い、これに通過した場合にのみ、カードローンの利用が正式に許可されるというわけなのです。